Freakfreak!(鬱時々晴れ)

アクセスカウンタ

zoom RSS BigCanvas PhotoShareからセッションへ

<<   作成日時 : 2008/08/18 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●操作の簡便さ

BigCanvas PhotoShareリリース!


設立者の一人増井 雄一郎さんが写真付きで簡単に説明しているんで参照(現在日本語化されている)

 前に紹介したけど、とにかく簡単で操作しやすいの一語に尽きる(ライブに持ってこい)

●「写真版Twitter」
 もう一人の制作者であるSatoshi Nakajimaさんが言ってたことは当たっていた。

米国での一番のライバルは当然MySpaceとFacebookであるが、「常時接続ライフスタイル」に最適化されたサービス作りで「写真版Twitter」を目指せば、それなりのニッチは確保できるとは予想していた。

 勿論、Flickrで膨大な写真を見ることが出来し、コミュに参加すればそれなりに面白いんだろうけど、言葉の壁もさることながら、その向こうの写真て完成度が結構高すぎて、ちょっと敷居が高すぎて、躊躇する。
 一方、Twitterも言葉だらけで、自分に言葉を投げつけているだけで、いまいちて感じ。

 そんなところに、iPhone向けに写真+Twitterのようなのが出来た。
 それがBigCanvas PhotoShare。

 このPhotoshareは、何故か日本の投稿者が圧倒的で、投稿の写真もPCで加工したものや絵もあるが、日常生活の中での<風景>(朝日、朝食、花、街、ランチ、青空、夕焼け、夕食、子供、動物、外出先の出来事等)、ごく普通の日常性を写真等で切り取り、その場(リアルタイム)で送信する(Live・Monologue)。

日本のユーザーの使い方は、まさにライフロギング。おはようの挨拶から始まり、お昼ご飯の写真やら、自分の子供の笑顔やら、見に行った花火の写真を一日に数枚投稿してから、お休みで終わるという、主催者側が期待していた通りの「常時接続ライフスタイル」を楽しんでいただいている。
http://satoshi.blogs.com/life/2008/08/myspacefacebook.htmlより


 無論、日常生活には笑いあり、涙あり、怒りありで、それをうまく写真(絵)と言葉で切り取って行く方向もあり、さらには、ちょっとした仕掛けであっと驚かせたり、笑わせる方法もある。
 場合によれば、ウケ狙いのポストもあり、それはそれでいいのでは(Social)。
 
●写真(絵)での切り方と反応

 言葉の喚起性と写真(絵)のマッチ、ミスマッチこれだけでも面白い。
 場合によれば写真の被写体の現実に思いを凝らすかもね。

 投稿した後、最新ポストを観ながら、気に入った写真から投稿者の写真(作品)をフォロー出来たり、随時コメントも出せて、単に、投稿しっぱなしだけでなく、色々と他者に対して関わるようになる(Dialog・Social)。

●セッション(願望w
 
 その場である者が次々と写真(絵)を送信し、iPhoneの画面を見ていた別の者がそれに反応し、即時にまた別の写真(絵)を送る。
 それらは一見平行線だが、いつか交差しバイブレーションを発するかも知れず、その輪は広がって行くかも知れない。
まるで、ジャズのように・・・・

●杞憂(?

Nakajimaさん自ら言っていたように、やはり外国人のポストが少なすぎるw
投稿内容・テーマが早くもマンネリ化してきた?ような気がするw
ちょっと日本(人)の<風景>に食傷気味そんな時は、Flickrへ飛ぶ

^^^^^^^^^^^^^蛇足^^^^^^^^^^^^

一応自分のPhotoshare左コラムに貼り付けておいたんで、よければどうぞ
(iPhoneなくても見られます)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BigCanvas PhotoShareからセッションへ Freakfreak!(鬱時々晴れ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる